羊肉

羊肉は、日本ではまだ一般的とは言えませんが、近年注目を集めています。羊肉が「高タンパクで低カロリー」なだけでなく「カルニチンを多く含む食材」ということで「ダイエットに適している」という意見からです。「ヘルシーミート」の代表格として、日本でも認知されつつあります。皆様も是非、羊肉のおいしさ、素晴らしさを、ご賞味ください。
羊肉は低カロリー

羊肉の特長は「必須アミノ酸」をバランス良く含んでいる点です。必須アミノ酸は、人の体を構成している成分にも関わらず、体内では生成することができません。このため、羊肉を食べることで、体に必要な成分も摂取できるという利点があります。

他にも、羊肉は、脂肪分の溶け出す温度が豚肉などよりも高く、体内に吸収されにくいという特性があります。反面、赤身の部分はとても吸収が良いため、低カロリーで高タンパクです。また、羊肉はミネラルも多く含んでいるため、女性からも注目されています。
羊肉にはカルニチンも豊富

羊肉のもう一つの特長として「カルニチン」という成分が豊富に含まれている点が挙げられます。カルニチンは、ダイエットに向く成分として有名です。ダイエットに向く理由としては、カルニチンが、体内の脂肪燃焼を助ける働きがあるとされているからです。身近なところでは、清涼飲料水等にも含まれている場合があり、ダイエット志向の方に好まれています。

他にも、カルニチンが体内で変化してできる「アセチルカルニチン」という成分があります。アセチルカルニチンは、脳細胞の再生に必要な物質と言われています。

上記のように、羊肉は体に良いとされる成分を多く含んでいるため、とてもお勧めなのです。
羊肉の違い

羊肉には、ラムとマトンがあります。ラムとマトンの違いは、簡単に言うと、羊の年齢の違いです。 羊肉は、羊の成長度合いによって、大きく次の3つに分かれます。

■ラム(生後12ヶ月未満)
■ホゲット(生後12ヶ月以上~24ヶ月未満)
■マトン(生後24ヶ月以上)

日本では、マトンにホゲットを含むことが一般的です。このため、売られている羊肉については、ラムとマトンに分類される場合がほとんどです。
世界で親しまれています

羊肉は、欧米では高級食材として古くから親しまれています。特にラム肉は「羊特有のクセが少なく食べやすい」との理由から、人気です。他の食肉と比べても「肉質がとてもやわらかい」「コレステロールが溜まりにくい」「ビタミンや栄養が豊富」「消化に良く、レアでもおいしく食べられる」などの意見が多く、食肉としての評価が高いという特長があります。
羊肉はくさい?

「マトンはくさい」という話は、過去の話です。理由は、不十分だった鮮度管理です。鮮度を保てない、低品質な冷凍ロールマトンが広く世の中へ出回ったため「羊肉はくさい」というイメージが広まりました。近年は、流通システムの鮮度管理・保冷技術が格段に進歩したため「新鮮でおいしい羊肉」がいつでも手軽に食べられるようになっています。
羊肉の部位紹介
ショルダー

肩の部分で、羊肉の旨みが豊富に詰まった部分です。主にジンギスカンなどで食べられている羊肉は、このショルダーとレッグという部位です。
ラック

背中の部分で、サドルとも呼ばれます。
ステーキに向いている部位です。
ショートロイン

腰の部分で、ラック以上にステーキに向いています。
いわゆる「ヒレ肉」といえる部位で、羊肉の中で最も高価な部位です。
レッグ

モモ肉(後肢)です。
脂肪が少なく、羊肉初心者の方にもお勧めできる部位です。
スペアリブ

胸にあたる部分で、肋骨ごと調理することで有名な部位です。
こんな料理にもお勧め
ジンギスカン

羊肉の料理と言えば、ジンギスカンが有名です。専用のジンギスカン鍋があると良いですが、それ以外の器具(フライパン)等でも調理することができます。

また、ジンギスカンをするなら、是非当店の羊肉「マトン」をお試しください。当店はジンギスカンの店として開店したので、特に羊肉「マトン」はお勧めです。ぜひ一度ご賞味ください。

お問い合わせフォーム
contact

お名前 必須

メールアドレス 必須

お問い合わせ内容 必須